読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が5HINeeなブログ

SHINeeと韓国のことについて語るブログです

2年前の今日は・・・・???

今日はSHINeeが最初の東京ドームの公演をしてからちょうど2年が経った日ですね。

あの時の感情がわぁっと溢れてきてひとり感動して夜泣いてしまったのですが2年間あっという間だったなぁと思うと同時に私もSHINeeも成長したなぁと。(笑)
私が日本にいなかったこともあり実は2年前東京ドームのコンサートが私にとって最初のSHINeeのコンサートでした。人生で初めてのコンサートもこの公演で、なかなかタイミングあわず1年ぶりにSHINeeに会えたのであの時は本当に自分が夢の中にいるような感じでした。ただただ目の前にいるSHINeeが夢のようで圧倒されすぎて現実だとは思えなかったです。帰ってきてからあぁ本当にSHINeeは東京ドームでコンサート出来たんだなぁと実感しました。

この東京ドームで初めて見た5万人のペンライトは今でも忘れられないですし、5万人の人にSHINeeは愛されてるんだぁと思うとすごくうれしかったです。やっぱりあの景色を見れるのは東京ドームの魅力なので今年も見れることができたらなぁと思いながらいつcomming soonの発表をするのかソワソワしている今日この頃です。(笑)

東京ドームのステージたくさん記憶に残っているものがあるのですが、私は特にcolors of the seasonの前に流れるメッセージがすごく好きで、いつもあれを見ると涙が出てきてしまいます。付いてきてくれませんか?のテミン君の一言がSHINeeらしい日本語で素敵ですよね。あとは最後涙を流しながら円陣してる姿やライト消してペンライト付けて~と言ってからのみんなの表情が忘れられないです。
f:id:nos0525:20170314194829j:plain

2年前の今日はいつまでも大切にしたい思い出ですね。
以下は私が東京ドームについてseekのアンケートに書いたSHINee宛のメッセージです。記録用に残しておきます。(笑)

「感動のライブ本当に本当にありがとう!日本デビューしてからの4年間楽しいことだけではなく辛いこともたくさんあったと思います。だけど諦めずにいつも全力で頑張っている5人にしか出来ないライブだったし東京ドームが簡単な道のりじゃなかったからこそ感動の2日間になったと思います。これからも私達が想像できないような世界を見せて下さい!ドーム公演お疲れ様でしたそしてありがとう。」

ソガンの語学堂ってどんなとこ?

今日はSHINeeとは少し離れて留学のお話、中でも私が通っていたソガンのことについて書きたいと思います^^

 ソガン大学(西江大学)、韓国語では서강대학교通称서강대 は韓国でも知らない人はたぶんいないくらい有名な大学。

そんなソガンの語学堂は말하기(会話)で有名なのですが言うまでもなく、会話を重視されたい方にはとってもオススメです!私は3ヶ月という限られた時間で伸ばしたい部分が会話だったのでソガンに決めたのですが正解でした!まずソガンの良いところは

 

1 쓰기(書き),읽기(読み)듣기 (聞く),말하기(会話)の授業が全て繋がってる

これはソガンの特徴ともいえるシステムだと思うのですが、1級だと쓰기,말하기,읽기,듣기の授業が全部一つになって繋がっています。なのでそれぞれの授業で学んだことが、違う授業でも反復して違う角度から学ぶことができます。反復のおかげで身につきもはやく、すぐに実践で使うことができました!単語も繰り返し同じものが出てくるのですぐ覚えれました。2級から쓰기は別々になるみたいですが、他の듣기,읽기,말하기は同じように授業が繋がっているみたいです。

 

2 多国籍

韓国で留学って考えると日本人が多いんじゃない?と思われる方も多いのではと思うのですが、ソガンは学生数も多い関係で細かくクラスが分かれていることもあり一クラス(15人くらい)の日本人の数は私含めて3人でした。一例ですが、私のクラスメイトの国籍は本当にバラバラでフランス、アメリカ、ノルウェー、タイ、台湾、香港、スイス、イタリア、中国、日本でした。他のクラスもいろんな国の学生がいました!私はアメリカにも留学経験があるのですが、正直ソガンの方が多国籍でした!笑というのも英語は世界共通言語なので留学しなくても母国語として使う人も多いですし、母国語ではないけど母国語と同じレベルで話せる人も多いですが、韓国語は留学しないと学べない環境の人も多いですよね?なので必然と語学堂生も多国籍なのかなぁと思いました。

 

3 幅広い世代の学生

もちろん20代の学生が恐らく一番多かったですが、日本人の方だと30代、50代くらいの方もいたり私のクラスメイトも夫の転勤で韓国にいるから学んでるっていうスイス人もいました!年代が上の方も関係なくみんな韓国語を学ぶクラスメイトなのでどこのクラスもみんなでご飯に行ったりしていました!!そこはソガンの良いところだなぁと感じました。

 

4先生が優しくておもしろい

ひとクラスずつ担任の先生(말하기担当の先生)がいたので先生との距離も近くてよかったです!

 

5立地がとても良い

ソガンは新村(신촌)というホンデ(홍대)とイデ(이대)に挟まれている場所にありホンデもイデも歩いて移動することができるのでカフェやみんなで遊べるようなところもたくさん。あとソガンの近くには6号線の대흥역もあるのでオシャレなカフェなどが多いイテウォン(이태원)やノクサピョン(녹사평)にも地下鉄で乗り換えなしで行けるので本当に素晴らしい立地でした。新村もホンデほどではないですが、賑わっているし何より安くて美味しいご飯屋さんが多いので毎日ごはんが楽しかったです!!必要なものも新村でだいたい揃うし(ダイソーとかスーパーがあるので)生活には困りませんでした!

あとこれは本国でKポアイドルのサノクに行こうとしている方に対しての情報ですが、ソガンは本国カムバを追うのに非常に便利な場所にあります。まず、ウマチュンやエムカ、The showの事前収録が行われるデジタルメディアシティ通称DMC(디지털미디어시티)に서깅대駅から乗り換えなしで一本で行けます。なのでミョンダンを取りに行くときなど学校終わってすぐに現場にいたのでとても助かりました。ほかの放送局もだいたい30分以内で行けたのでカムバを追うには最高の立地でした笑

 

とここまで私なりにソガンの語学堂について紹介してみました^^ お読みいただきありがとうございました!! 

韓流ワールドスター賞

さて先日行われたガオンチャート2016でSHINeeは韓流ワールドスター賞を受賞しました..!! おめでたい!!! 残念ながら授賞式で5人の姿は見ることが出来ませんでしたが、代表してオニュさんがトロフィーを受け取ってくれましたね^^(この写真かわいすぎますね泣)

f:id:nos0525:20170224225156p:plain

ガオンは2011年から始まった歴史が浅い授賞式なので、SHINeeが賞を受賞するのは意外にも今回が初めて!意味のある賞をいただいた気がします。

日本に焦点を当ててもSHINeeはコンスタントにアルバム、シングルを出したり、ラジオや番組でのプロモーションも毎回地道に頑張っていますよね。コンサートも日本全国でたくさんしていますし、日本以外の地域を見ても以前は南米に行ったり、来月からはアメリカ、カナダでもコンサートがあったり。SHINeeは韓国以外の地域でも本当にたくさんお仕事しているなぁと感じます。

韓流ワールドスター賞がどのように選出されているかはわかりませんが、SHINeeが韓国含めた全世界での活動が認められたような気がして私はとても嬉しかったです。今のSHINeeにふさわしい賞だったなぁと。

 

だけど正直、私はSHINeeがいつかまたどこかのアワードで大賞を取って5人の喜んでいる姿を見たいと思っています。彼らの努力がいろんな場所で認められたらうれしいです。本人達はあまり賞のことは気にしていない気がしますが、SHINeeが過去に賞をもらった時に喜んだり、感動して涙している姿を見るとまたそんな時が来たらなぁと。とにかくもっと世間の人にSHINeeの良さを知ってほしいなぁとこういう授賞式がある度に思いますね。

 

でも私はSHINeeがすごいなぁと思うのは2008年のデビューから韓国のカムバックがなかった年以外は毎年授賞式で何かの賞を授賞していることです。1番ではないけど、アイドルの世代交代が激しい韓国の音楽業界で長い間ずっと授賞式に呼ばれることがすごいなぁと私は思います。

 

では今日はこのへんで失礼します。彼らの笑顔がこれからもずっと見れますように...!!!

SHINeeの魅力って...????

さて今日はSHINeeの魅力についてお伝えしたいと思います!ファン目線なのですが少しでもSHINeeの魅力を感じていただけたらうれしいです。

 

私が感じるSHINeeの魅力は

①「5人の個性が被ってない」

5人のバランスがとても良いグループです。性格も本当にみんなバラバラですが一人一人に強みがあります。5人ともソロ活動やミュージカル、ドラマ、ラジオなどいろんな方面で活躍していますが、5人が集まるとうまい具合に調和して相乗効果を発揮します。

 

②「ダンスボーカルグループ」

最年少のテミンくんを筆頭に本当に5人のダンスレベルが高いです。他にもダンスのレベルが高いK-popのグループはいますがSHINeeはダンスレベルに加えて、歌も本当に上手です。ダンスボーカルグループなので5人全員が踊りながら歌います。メインボーカルなど5人それぞれ役割はあります全員均等に歌っていて、授賞式などでの生歌は高く評価されています。生歌のパフォーマンスがよくわかる動画はこちら。

tv.naver.com

 

③「いつも新しいコンセプトを見せてくれる」

SHINeeはコンテンポラリーバンドというコンセプトで作られたグループです。コンテンポラリーバンドの意味は以下の通りです。(wikiからお借りしました)

コンテンポラリーバンドとは、音楽、ダンス、ファッションなど全ての分野で現時代にあったトレンドを提示し、リードしていくチームという意味が込められている

 このようなコンセプトで作られたSHINeeなので決まったコンセプトがなく、毎回アルバムを出すごとにファンを驚かせるようなコンセプトで新しい姿を見せてくれます。いろんな色を見せれるのが彼らの武器でもあり魅力です。

 

④「常に向上心」

夢が叶った東京ドームのステージでは「僕たちはこれからです」とキー君が口にしたり、テミンくんの「SHINeeはもっともっと頑張って成長していきます」という映像のメッセージが映し出されたり。みんないつも向上心があって常に新しい姿を見せようと努力しているのがSHINee。そんな彼らの向上心はファンとしても本当に尊敬します。

 

⑤「お互いの信頼関係」

なんといっても5人の揺るぎない信頼関係があります。東京ドームのミノくんの「(SHINeeは)親友のような家族のような大事な存在です。だからこそ大きな壁を乗り越えてきました」というメッセージ映像や、2016年5月18日のoricon newsのインタビューではキーくんが「お互いの思っていることが雰囲気で分かる」と答えていました。性格もバラバラな5人なのでデビュー当時は宿舎生活で大変だったこともあったと思いますが、2016年1月18日に発売されたananのインタビューでは5人それぞれお互いが嫌だと思うことはしないし、自分に非があったら素直に謝れるのが僕たちのいいところだと語っていました。

oricon newsの記事はこちら

www.oricon.co.jp

 

⑥「SHINeeSHINeeというチームを愛して守ってくれている」

これは実はデビュー年数が経てば経つほど難しいのでは??と個人的に思うのですが、SHINeeはSMで新人グループを除いて唯一脱退したメンバーがいないデビュー時からずっとメンバーが変わらないチームです。脱退がないから良いというわけではないですが、SMという会社の中で本人たちも不甲斐ないことはたくさんあったのではないかと思います。そんな中、本人たちが10年間もグループを守ってきてくれたことはファンとしては本当に感謝の気持ちでいっぱいですし嬉しいことです。SW3のインタビューでジョンヒョンくんが「SHINeeの未来はメンバーが同じ方向に向かっている。その方向性が5人揃って同じであるため、SHINeeを守り続けていきたい」「僕たちで真剣に話し合いをした。時間が経ってもSHINeeであり続けたいと思った。これからも僕たち5人は、物理的な問題がなければやり続ける。」と語っていました。(下の記事から抜粋)これから兵役もありますし、絶対は存在しませんが私はこれからも今のSHINeeが永遠に見れることを願っています。

news.kstyle.com

 

⑦「常に謙虚」

本当にびっくりするほど謙虚です。2014年に単独で初めて東京ドーム公演を成功させた彼らなのですが、そんな夢が叶ったステージでも「僕たちがこのステージに立っていいのかなぁ」とキーくんが口にしたり、「今僕が東京ドームという大きなステージにSHINeeのみんなで立てることが夢のようです」というオニュさんのメッセージが流れたり、テミンくんは私たちに対して「これからもついてきてくれませんか?」とMCで言ってくれました。うまく表現出来ないのですが「ついてきてくれませんか?」という言葉すごく素敵だと思いませんか??泣 とても謙虚でいつも純粋なのがSHINeeの魅力のひとつです。

 

⑧「礼儀正しい」

SHINeeは本当に礼儀正しいです。10年経っても変わらない90度のお辞儀。デビューしてから年数が経つとこのような初心の気持ちって忘れがちになっちゃうと思うのですが、SHINeeは本当にいつもいろんな人への感謝の気持ちを忘れません。

f:id:nos0525:20170218214546j:plain

(写真はお借りしました)

 

⑨「ひとつひとつステップアップ」

これはSHINeeの活動どんなことにおいても言えることなのですが、ここでは東京ドームまでの話をしたいと思います。SHINeeが日本デビューしたのはちょうど日韓関係が急激に悪化した2011年で日本のメディアにも簡単に出ることができず、本人たちも想像以上の大変さがあったと思います。ですが諦めずデビュー当時からの夢だった東京ドームのステージまで長い歳月をかけて地道に頑張ってきました。毎年コンスタントに日本でアルバムを出し全国でツアーをし、東京ドーム前のツアーでは地方のホールでもたくさん公演をしてくれました。SHINeeの過去はいろんな苦労や怪我など辛いこともたくさんありましたが、ひとつひとつそれらを乗り越えて成長してきたその過程も彼らの魅力なのではないかと思います。下の動画はダイジェストなのですが、彼らのホールツアーから東京ドームまでの道のりがわかる映像です。是非見てください。

 

www.youtube.com

 

⑩「どんな時でも最高のパフォーマンス」

SW5ソウルコン最終日でオニュが足を負傷した時も、最初の東京ドームでテミン君の足がつってしまった時も雨の中でも常にその状況の中で最高の姿を見せようと努力するのがSHINee。どんな悪条件の中でも彼らはいつも全力でパフォーマンスをしてくれます。ここでは雨の中頑張っているSHINeeの映像を紹介したいと思います。2番目の映像は10分くらいから非常に強い雨が降ってきます 笑

www.youtube.com

www.youtube.com

 

⑪ 「おもしろくてかわいい」

これはぜひツアーに直接行って感じていただきたいのですが本当にみんなおもしろいですw日本語のMCでもみんなおしゃべり大好きなので30分超えちゃうときも 笑

いつもわちゃわちゃしていてかわいいのがSHINeeの魅力。以下の動画は昨年行われたファンクラブイベントの映像なのですがこちらもとても面白かったです。(注目は26秒くらいから始まるジェスチャーゲーム)

www.youtube.com

 

みなさんいかがでしたか?実際彼らの魅力が1番伝わるのはコンサートなので是非現在進行中のツアーにお越しください!!チケットは残念ながら現在売り切れているのですが公演直前になると恐らく機材席などで販売されるので興味のある方はSHINeeのチケットを販売する公式サイトticket boardをぜひチェックして下さい^^

(以下のリンクから「SHINeeの今後の情報を知りたい方はこちら」を押していただきメルマガ登録をしていただくとライブの情報が届くと思われます)

 

ticket.tickebo.jp

 

シャイニーのファン通称シャヲルになると毎日が幸せでハッピーです^^ ぜひSHINeeWorldの世界で一緒にSHINeeを応援しませんか??みなさんいらっしゃいに〜〜!!では今日はこの辺で失礼いたします!お読みいただきありがとうございました^^

(動画や写真はすべてお借りしました)

韓国と日本のSHINee文化の違い

さて今回は1つ前のブログと少し関連した内容で綴っていきたいと思います。

私が韓国に行って感じたことですが日本と韓国似ているようで実はファンの文化や考え方は違うなぁと実感しました。

 

まず、私が本国に行って1番驚いたことは「誰ペンですか?」という概念が存在しないということです。日本でもシャヲルは他のファンダムに比べたらオルペンが多いと思いますが、韓国は本当にほとんどの本国シャヲルちゃんがオルペンです。彼女達はグッズなどで誰か1人に絞らないといけない時、本当に困るといつも言っています。

ですが、これはどうもSHINeeのファンだけなようで、本国の別のグループのファンダムは個人ファンが多いと本国シャヲルちゃんが教えてくれました。

 

次にファンダムの主体ですが私達日本のシャヲルはまず、ファンを主導とする人が存在しませんよね?韓国ではファンダムの主体はファン自身です。なのでサノクやサイン会などには基本SMサポーターズ(シャヲルのリーダー的存在の人)がいて、スムーズにSHINeeとの交流ができるよう事務所のお手伝いをしています。また、コンサートのイベントもファンが主体となって用意しています。

 

また、コンサートで感じた文化の違いですが、日本のシャヲルちゃんは双眼鏡で推しのメンバーを見たり、うちわを使って応援したり、本国シャヲルちゃんのように掛け声を全力でやる人もいたり。応援の仕方が人によってバラバラな印象があります。

一方でソウルコンでの本国シャヲルちゃんは一致団結でSHINeeに対する愛を見せるぞ!というファンがほとんどなのでソウルコンに行かれた方はご存知かと思いますが、本国では最初から最後までバラード曲含めて全部熱唱+掛け声をして目の前で頑張っているSHINeeに愛を伝えるというのが基本の応援方法なんだなぁと感じました。

 

以上私が本国活動を追って感じた日本と韓国のSHINee文化の違いでした...!!もちろん文化の違いなのでどちらが良いというわけではないですが、SHINeeもファンを見て文化の違いを感じているんだなぁと実感しました。

では今日はこの辺で失礼いたします。お読み頂きありがとうございました^^